2005年12月03日

今は昔の元サーファー?!

・夏海は体を動かすことが大好きです。
・そして、普段はフィットネスクラブに行くことが最高の楽しみです。
・もうかれこれ、10年くらいになるかな。
・きっかけは当時夢中だった波乗りでどうしてもロングボードの上をウォーキングして、難しいワザを決められるようになりたくて、

・あとシーズンになったら、出かけるスノーボードで1〜2時間かけてすべり下りて来るロングコースをノンストップで下りられるスタミナをつけたくて、
・海や雪山に行っていない時に身体能力を強化するのになにかいいことないかな・・・?からはじまりました。
・波乗りのホームは鵠沼の引地川河口や辻堂の橋前、そうチャキチャキの湘南サーファーです。
・よい波をもとめて、いろんなところをサーフトリップしてました。千葉や御前崎、新島もよく行きました。関東近県での一番お気に入りのポイントは南伊豆の多々戸浜かな!
・今までに一番しびれたのは、台風のときだけオープンする逗子マリーナの近くのポイント。プロサーファーの先輩に連れて行ってもらったんだけど、さすがにビビッた。4階建ての団地くらいの大波が次から次へとやってくる。
・ところが意を決してトライした一発目でうまく乗った。波がボウルになって入り江に入ってくる日本ではあまりない、いい波だ。
・アウトへ出るには、ヘリを回るカレントに乗っていくのできつくない。
・調子こいて速攻2発目、3発目・・・。
・悲劇は4発目に起きた!少しパワーを消耗していて、パドリングのスピードが落ちていた。
・沖を見ると、今までので一番やばそうな超デカの波。これは
団地じゃなくてマンション?に見えた。
・ブレイクする前に早く沖へ出なければ!!
・泣きっ面になって、必死に漕いだ。
・でも間に合わなかった。
・波の一番パワーが出るタイミングでもろ飲まれた。
・恐るべき衝撃!
・どのくらいの時間もまれたのか?
・巻かれているときはどっちが上かわからなくなる。
ただ、少しでも明るいほうを目指して、必死にもがく。
・もう、息が苦しい!限界だ!俺はこれで死ぬのか?!
・とおもった瞬間、海面に顔がでた。
・大事にしていた板はリーシュコードの先で真っぷたつ
になって、先のほうはなかった。
・でも、‘それより生きててよかった。’
・と本気で思った。
・それ以来、タバコはやめた。
・仲間の集まるショップで話は盛り上がった。
・それでも、家に帰ってから、もう百回くらい見て、
擦り切れそうになっているビデオをまた、見た。
じゃーん、

「エンドレス・サマーU」

これ絶対お奨めです。
機会があれば、皆さんご覧になってください。
ナットとパットがいい波を追いかけて世界中を
サーフトリップします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。