2005年11月09日

クラウンジュエル

王冠の宝石と訳される。敵対的買収に対する防衛策の一つ。買収対象会社が自社の資産の中でもっとも価値のある事業部門、資産もしくは子会社を第三者に譲渡したり、分社化することによって、自社を魅力ないものにする回避措置をとって買収者の買収意欲をなくすことを目的としている。
買収対象会社を「王冠」にたとえ、「王冠の宝石」を外すことで、「王冠」の価値を減少させることにたとえて、クラウンジュエルと呼んでいる。

敵対的防衛策として、会社の営業の全部、または一部であっても重要な営業の譲渡の場合には、商法上株主総会の特別決議が必要であるが、重要な財産の処分は取締役会決議で可能となる。このような財産譲渡をおこなうと、この決定をした取締役は、取締役としての善管注意義務、忠実義務違反を問われる可能性があるといわれている。
posted by 管理人 at 21:24| Comment(0) | 株用語辞典(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。