2005年11月10日

二日新甫は荒れる 。

読みは「ふつかしんぽ」。意味は「その月の一日が休みの日で、二日から市場が開かれる場合、
その日(または、その月)の相場は荒れることが多い。」実は意外と的中率が高いはなしです。

二日新甫は、確率的には、月曜日が多いでしょう。重要な発表は、情報が公平に行き渡ることを考慮して、金曜の市場が終了してから行われることが一般的です。発表の影響は、月曜日の寄り付きから反映されます。

また、月の最初の日も、合併があったり、法律や制度が改正されたりで特異日になっています。(特に4月、10月)

この両者が重なる二日新甫は、昔から荒れるのです。

posted by 管理人 at 17:25| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。