2005年11月10日

余りものに値なし。

需給関係をさす。これはなんのことを言っているのでしょうか?次から次へと供給されるエクイティファイナンスの新株発行とかのことですか?市場がその資金力をもってしても供給過剰でゲップが出ている状態でしょうか。もしくは日本の投資信託のことでしょうか?「物の値段は、需要と供給のバランスできまります。市場メカニズムそのものです。ものが製造されるのにかかったコストとか、ものが本来持つべき価値とは、まったく関係ないのです。余り物とは、供給が需要を大きく上回っているということです。 つまり、余る度合いが、大きくなれば、値段はそれにつれ限りなく安くなり、最後はなんと零どころか処分するのにコストがかかることもあります。」 豊作飢饉と言ってキャベツが大豊作になると、安値でコスト割れになり、ブルトーザーでキャベツを潰しますね。この格言は、大阪堂島の米相場あたりから生まれた名言でしょう。
posted by 管理人 at 17:40| Comment(0) | 株用語辞典(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。