2005年11月10日

見切り千両。

「勝負に負けたと感じたときは、へたな希望的観測は捨て潔くそれを認め、できるだけ早くタイミングをみて損切りしましょう。」思惑が外れ、購入した株が長期間低迷するのは、つらいものです。そんな時、難平買(ナンピンガイ)と言って安値で買い増しをして平均単価を下げ、戦線を建て直しあくまで勝負に勝ちたくなります。しかし、難平買を続けることは危険なことで、株価が反発しないと巨額の株が塩漬けになり深手をおいます。

難平買いは、せいぜい1度にとどめ、それでも好転しないときは、むしろ損失を最小限に留めるための売却を検討すべきです。

早期の損切りのタイミングを逃したとしても悲観する必要はありません。一生付き合うつもりでのんびり取り組めば意外と早く買値までもどることでしょう。だって、あなたが選んだ銘柄ですから・・・。

でもそのときは、もう前買った時の銘柄とはすこし違うことをお忘れなく、戻り売りや少しくらいの利食いで手放さないように。
posted by 管理人 at 17:46| Comment(0) | 株用語辞典(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。