2005年11月10日

休むも相場。

一時、株に夢中になるときがあります。「ゴルフ狂い」という言葉がありますが、その最中はとても充実した楽しい日々です。情熱を傾ければ傾けるほど、その奥の深さ、難しさの虜になっていきます。株を買うときはわくわくして、ああでもない、こうでもないと情報を集め、夢中で研究します。その過程が楽しいのも事実です。しかし、相場つきによっては買った銘柄がまったく蚊帳の外という状態が長いこと続きます。激しく相場に参加して疲れたら、しばらく休むのも必要です。「売り買いを絶え間なく繰り返すと、高値づかみをしたり、チャンスを逃して売りそこなったり、ときには大失敗します。休みを必ず入れましょう。」
手仕舞って、大損が確定したとしても、命までとられたわけではありませんのでしばらくじっと落ち込んで再起のときを待ちましょう。

株の売却に成功し利益をあげた瞬間に買う次の株は、失敗することが多いようです。
多額の現金を持ち、気持ちが高揚しているのに、努力してもインスピレーションがわかず良い銘柄が見つからない。そんな時、銘柄選定の基準が甘くなり、無責任な甘言にもつい乗ってしまいがちです。そんな時の有効な格言です。

買うタイミングに迷ったら、無理をせず買い材料に確信を持てるまで、忍耐強く、ひたすら待ちましょう。
「買うべし、売るべし、休むべし。」という格言もあります。

posted by 管理人 at 17:47| Comment(0) | 株用語辞典(や行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。