2005年11月10日

押し目待ちに、押し目なし。

この銘柄につこうと思っていても、どこかで迷いがあると今度押したらそこを買おうなどと言っているうちは本気でない証拠ですネ。いくとなれば、順張りの成り行き買いです。上げ相場において、株価が現状よりも安くなることを「押し目」といいます。株を買う場合少しでも押し目を拾うのは、合理的なことです。
しかし、押し目を待っていると、株が上がって買えないことがあります。

特に、力強い上げ相場の時、押し目にこだわっていると、株価が上昇してしまい、まずうまくのることはできないでしょう。千載一遇のチャンスは逃げ足がはやいものです。

躊躇していて、買いに出たときは振り落としにあって、狼狽売りという最悪のパターンもありえます。

posted by 管理人 at 18:00| Comment(0) | 株用語辞典(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。