2005年11月10日

しまったと考えたら手仕舞え。

これもありますね。お金を払って買った情報にだまされたと思って、ついてみよう。などとよくよく調べもせせずに買いを入れたのはいいが、情報どおり材料が出たものの言われるほどの相場はたたず。いわいるはめ込まれた。ときは・・・。リスク管理を徹底せよ。ということでしょうか?信用取引でカラ買い(カラ売り)した株を転売し(買い戻し)取引を終了させることを「手仕舞う」といいます。株式投資に常勝はありません。利喰った時より、いかに損失を少なくするかが長期的な勝敗を決します。塩漬けした株をほっておくと、資金効率が極端におちます。また仕手のようなものにチャレンジする時は最初からルールを決めておかないと取り返しのつかない損失をこうむることがあります。
この格言は、「相場でしまったと思ったら、早めに損切りしろ」といっています。

損切りには勇気がいりますが、それを冷徹に実行できるひとが勝ちをおさめるができるのが株の世界です。
posted by 管理人 at 18:01| Comment(0) | 株用語辞典(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。