2005年11月10日

頭と尻尾は、猫にくれてやれ。

相場のピークで、上髭の先端で売り逃げ、安値の下髭で買うことなど出来ませんねぇ。高値おぼえ、安値おぼえ。に通じる言葉です。欲をかきすぎると失敗する。相場に対峙する時は謙虚な気持ちで臨みましょう。「相場でも、天井と底値に近い部分をねらわず、回転の良い上げ相場で儲けて満足すべきです。」
利食いしたあと、売った株がさらに上がリ続けるのを見てたいそう悔しい思いをした経験をしたひともいることでしょう。株を売買する人は、底値の瞬間で買い、天井で売りたいと欲をかくものです。しかし、そんなに甘い世界でないことは皆がわかっている事ですよネ。

自分は焼魚の一番美味しい真中の部分だけ食べ、猫には頭と尻尾くらいくれてあげましょう。
そうすれば、また招き猫が儲けを運んできてくれますよネ。

ほぼ逆説的な格言に「名人天井売らず、底買わず。」があります
posted by 管理人 at 18:03| Comment(0) | 株用語辞典(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。