2005年11月11日

人の行く裏に道あり花の山

大勢の動きに同調せず、わが道を行く。へそ曲がりに思えるが、意外に近道であったりする。投資家は、とかく群集心理で動くことが多く、人気化し高騰しているものに手を出したくなる。
買うから上がる。上がるから買う。
買うかどうか躊躇している間にピークに近づいていて、意を決して買いに出るが往々にして
高値づかみになることが多い。

むしろ、そのような銘柄には目もくれず、他人とは違った尺度で見極め行動する。
このような戦略を「逆張り」という。

一過性の出来事である「流行」に惑わされて投資するのではなく、企業が事業で利益を挙げ
続けることができるかという「不易」のみに注目した投資をする。

長期的に勝ち続けたいとすれば、肝に銘ずべき、普遍の格言ですね。
posted by 管理人 at 14:12| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。