2005年11月15日

抵抗線

上値抵抗線とは、株価がこの線の近くまでくると天井となり、反落に転じる線のこと。過去の相場取引で上値追いの局面で出来高が上がったものの、その後株価が下落するが売りそびれた玉があり、戻り売りをしようと待ち構えている。
その線を越えるのに値が重い状況が予想される。実需よりも心理的要因も大きいと思われる。しかし一端上値抵抗帯を突き抜ければ、その次の抵抗線までしこりはないものとされ、値動き軽くなるものとされている。この線は、初めの山から平行に引かれ、そして、2つ以上の右肩上がりの山が、抵抗線上に形成されれば、さらによしとされる。

posted by 管理人 at 00:59| Comment(0) | 株用語辞典(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。