2005年11月16日

会社開示書類の電子化

会社開示書類とは、貸借対照表、損益計算書、営業報告書、決算公告などをさすと商法において規定されている。インターネットや電子メールなどのIT化への対応を可能にするために、これまでの書面による開示方法に加え、電磁的方法による作成が可能となった。インターネットを介在させることで、企業と株主のコミュニケーション手段が拡大した。電磁的方法とは、電子的方法や磁気的方法など、知覚認識できない方式によって作られる記録で、コンピュータ処理を目的とするもので、法務省令で定められてる。
posted by 管理人 at 00:58| Comment(0) | 株用語辞典(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。