2005年11月16日

外国部

東京証券取引所に昭和48年からに解説されたが、外国株式の東証外国部への上場が活発になったのは昭和61年頃からで、外国の優良企業などが上場されていた。平成17年2月より東証外国部は廃止され、既に上場していた外国株式は、東証一部・二部上場の外国株式となった。平成17年2月より東証外国部は廃止され、既に上場していた外国株式は、東証一部・二部上場の外国株式となった。
posted by 管理人 at 01:03| Comment(0) | 株用語辞典(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。