2005年11月16日

外国株式の取引形態

外国株式の取引形態にはの3つの形態がある。(1) 国内委託取引:国内に上場されている外国証券の取引。外国部で上場されている株式などを国内株式と同様に証券取引所において売買される。
2) 外国取引:投資家の注文を証券会社が受け、外国の有価証券市場に取次ぐ取引。
(3) 国内店頭取引:証券会社が投資家の相手方として外国証券を仕切る取引。 などがある。
posted by 管理人 at 01:13| Comment(0) | 株用語辞典(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。