2005年11月16日

外国株式

外国籍の企業が発行する株式のこと。国内の投資家も、原則、日本証券業協会が指定している外国証券取引所、および店頭市場で取引されている株式、東京証券取引所等に上場している外国株式に投資をすることができる。取引には証券会社に「外国証券取引口座」の開設を必要とする。
【外国株式投資】ボダーレス,グローバル経済時代の投資戦略で外国株式を組み入れることで投資の幅を広げ、投資の面白みを増すことができる。景気サイクルや経済の発展段階のズレなどを利用すれば、高いリターンを狙うことができる。互いに相関関係の低い株式を組み合わせれば、全体のリスク低減も可能である。将来的に高い成長が見込める産業に国を超えて投資することで、加工・金融産業の比重が高い日本株の弱点を補強することもできる。外国株式投資は、長期投資を旨とし為替動向にも配慮した慎重な銘柄選択が必要となる。



posted by 管理人 at 01:15| Comment(0) | 株用語辞典(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。