2005年11月11日

人の行く裏に道あり花の山

大勢の動きに同調せず、わが道を行く。へそ曲がりに思えるが、意外に近道であったりする。続きを読む
posted by 管理人 at 14:12| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人が売るときに買い、人が買うときには売れ

ウオール街の格言。Buy when others sell; Sell when others buy.
posted by 管理人 at 14:09| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

踏んだらしまい、投げたらしまい

踏んだら、もう上げ相場は、終了する。個人的には空売りの踏み上げ相場の迫力はすさまじいものがあるのは身をもって経験済みですが。株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 18:07| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流行物は、廃り物。

はやりものは、すたりもの。諸行無常の鐘の音ですネ。盛者必衰のことわりを表しています。「単なるはやりで株価が暴騰する場合長続きせず、どてん、急落する可能性が高い」です。萌えです。株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:55| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一つの篭に卵を盛るな。

アセットアロケーションですね。少ない銘柄に入れ込んで集中投資していると、こけた時リカバリーが利きません。銘柄数が少なければ、少ないほどリスクは高くなります。その究極のきわみがグローバルアセットアロケーションです。株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:53| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半値戻しは、全値戻し。

「株価が下落分の半値程度戻した時に、満足して売却すべきだ。
上値(うわね)にはシコリダマが多く、再び下落する確率も高い。」
う〜ん、そうですか〜。そういう解釈ですか。株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:42| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初押しは買い。

これは明るいは言葉ですし、経験からも確かにそうだなぁ。と思えます。「特に、上昇相場で起こる一回目の値下がりは、すぐに上昇に転ずる可能性が高く絶好の買い場になる。」株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:38| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早耳の早倒れ。

かなり刺激的な情報を早い時期に入手し、それを元に玉を集めたのですが、その材料が市場で注目を集め人気化して株価が動きはじめるまで時間がありすぎて「無理をして買ったため支えきれず、その株が相場を作る前に耐え切れなくなって保有を断念してしまう。」つまり、早倒れです。
株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:35| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二日新甫は荒れる 。

読みは「ふつかしんぽ」。意味は「その月の一日が休みの日で、二日から市場が開かれる場合、
その日(または、その月)の相場は荒れることが多い。」株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:25| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下手な難平けがのもと。

買った株が値下がりした場合、安値で追加の買い増して平均単価を下げることを難平(ナンピン)買いといいます。手持ちの株が目先下がったからといってむやみにナンピンを入れても損失が拡大し、運用資金が寝てしまいます。株用語辞典(は行) 続きを読む
posted by 管理人 at 17:21| Comment(0) | 株用語辞典(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。